緊急連絡掲示板

3年生修学旅行中止のお知らせ

 福岡県が8/2~8/31の間まん延防止等重点措置の対象区域に指定されたことにより、

「宿泊等を伴う学校行事及び県境をまたぐ移動を伴う学校行事は実施しないこと」との通

知が県より出されました。それにより春日市教育委員会の指導を受けて、本校では824

日、25日に予定していました3年生の修学旅行は、中止とさせていただきます。またそれ

に伴い、823日に予定していた事前指導は中止とします。また、82425日は通常の

夏休み期間とします。保護者の皆様には、詳細を84付けの安心・安全メールで配信して

おりますので、そちらでご確認ください。 

○部活動の対外試合について

福岡県が8/2~8/31の間まん延防止等重点措置の対象区域に指定されたことにより

感染予防のため、筑紫区内の中学校においては、対外試合を市内中学校のみに制限しております。

 

 




3年生の修学旅行の説明動画になります。

6月21日(月)に生徒に配付した資料を準備してご視聴ください。

※視聴は6月21日から可能です。


これまでに作成したの学習支援動画を配信しています。    

 夏休み学習支援動画      19動画掲載 

 臨時休校期間中の学習支援動画 88動画掲載     


平成26年設置

カウンター

本校山崎明彦校長がTwitterを開設いたしました。

毎日学校のことを投稿しております。

ホームページでは「校長日記」を一生懸命毎日更新中!

新着情報

7月27日(火)教育長「出前トーク」を実施しました(ホーム)

7月26日(月)男女卓球部予定表更新(部活動)

7月24日(土)公園清掃 小倉東(コミュニティスクールの取り組み)

7月20日(火)令和3年度前期前半終業式 無事に終了!(ホーム)

7月19日(月)CS先進校視察、教師版東中塾OJT、東雲塾7/15,茶道部出張お手前(ホーム)

7月14日(水)東風7月号(学校通信)

7月9日(金)Q-Uテスト活用校内研修(ホーム)

7月8日(木)若年教員1年目授業研修(道徳)がありました(ホーム)

7月5日(月)クロムブック活用授業研の様子、7/1東雲塾第5弾、7/2志道徳教育講話(ホーム)

7月 2日(金)卓球部7月予定表更新(部活動)

6月29日(火)未来塾Ⅲ 高校出前授業(ホーム)

6月26日(土) 6/25 個人の授業研スタート 6/25学年別スポーツ大会、6/24東雲塾第4弾、6/24中英研開催(ホーム)

6月23日(水)筑紫地区授業研究会スタート(ホーム)

6月22日(火)2年生 未来塾Ⅱ 上級学校(高校)体験に行きました。

6月22日(火)教師版東中塾OJTスタート(ホーム)

6月17日(木)福岡県教育センター長期研修 花田先生 実態調査、東雲塾第3弾、一斉部伍会、3年生修学旅行に向けて(ホーム)

6月15日(火)東風6月号(学校通信)、校長先生道徳示範授業(ホーム)

6月11日(金)東雲塾第2弾!、東中ブロック三部会第1回(ホーム)

 

7月27日 令和3年度 春日市教育長「出前トーク」がありました!

 7月27日、扇教育長をはじめとした春日市教育委員会の方々をお迎えし、教育長「出前トーク」を実施しました。感染予防の中、例年より短い時間でありましたが、充実した時間となりました。今年度はテーマを本校のこれまでのCSの成果と課題、シティズンシップ教育における地域連携のあり方について、として、グループ協議を行いました。最初にテーマについて山﨑校長からと手島指導主幹からお話があり、それをもとに各グループで協議を深めました。全体報告では、挙手で意見をつのりましたが、全グループから発言があり、活発な協議会となりました。若年教員の先生にとっては、直接、教育長や教育委員会の方々と交流する貴重な機会となりました。ここで得られた助言を生かしながら、山﨑校長のもと、春日市内の中学校でシティズンシップ教育をリードできる学校づくりを推進したいと決意を新たにしました。どうぞ今後とも地域や保護者の皆様方、ご支援ご協力よろしくお願いいたします。

令和3年度 前期前半終業式 終了!

 7月20日(火)に前期前半終業式をおこないました。TV放送で校長先生の話や夏休みの生活の諸注意、タブレットの使用注意の話がありました。その後、各種表彰があり、続いて生徒会集会で生徒会長や各委員会の委員長からもお話がありました。放課後には、茶道部の3年生引退お茶会が開催され、「春東庵」で多くの先生方がお手前をふるまってもらいました。また放課後には、地域の方から、スポーツセンター付近で下校途中の女子生徒たちから、気持ちの良い挨拶をもらったという内容のお褒めの電話をいただきました。本校が目指しているシティズンシップ教育が少しずつ芽を出しているのかなと嬉しく感じられました。まだまだコロナ感染の影響もありますが、常に状況を見極めながらベストの活動を目指して、生徒と共に取り組んでいます。夏休み以降も本校の柱であるシティズンシップ教育の推進において、多くの地域や保護者の皆様の支援やご協力をいただくことになると思います。どうぞ今後とも引き続きよろしくお願いいたします。

教師版東中塾OJT7/16

 7月16日(金)の放課後に教師版東中塾をひらきました。今年度は、タブレットコースや採点システムコースなど、若年教員のみならず、ベテランの先生もミドルリーダーの先生も一緒になって学びの場をもうけています。先生方の新しいことを吸収したい、覚えたいというエネルギーはあらためて凄いなと感じさせられました。この先生方の学びを子どもたちに還元していけるように頑張りたいと思います。

CS先進校視察 福岡教育大学教職大学院

 7月15日に福岡教育大学教職大学院の皆さんがコミュニティスクールの視察に来られました。現役の先生方が教職大学院で学ばれているのですが、少しでも多くのことを学んで帰りたいという意欲的な姿勢が感じられた視察でした。また、春日東中学校をコミュニティスクールのモデル校として選んでいただけていることに誇りを感じます。これからも地域・学校・家庭が連携し、子どもたちを育成したいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

東雲塾 第5弾 7月15日(木)

 7月15日東雲塾がありました。1年生は春日市の過去について調べ学習のまとめができました。レポートに仕上げています。春日市の現在担当である2年生は自分たちの住んでいる地域でインタビュー活動を行い、部伍別に新聞にまとめて後期に行われる自治会長様たちとの大討論会の準備を進めています。春日市の未来担当である3年生は、グループでさまざまな課題を出し合い、後期に市議会の皆様を迎えて意見を出せる準備をすすめています。シティズンシップ教育について、先生たちも夏休みに行われる教育長出前トークで、さまざまな意見や考えを出し合う予定です。夏休み明けの東雲塾が今から、楽しみになってきました。

茶道部 出張お手前

 7月13日の放課後、茶道部のみなさんが出張お手前で職員室を訪ねてくれました。疲れているところに皆さんが入れてくれる抹茶が心に染みわたりました。7月20日の最終日は、お茶会が開かれ、3年生の引退お手前があるそうです。先生方の癒やしの時間になりそうです。茶道部のみなさん、ありがとうございました。

7/8校内研修 Q-Uテスト活用校内研修

 7/8(木)の放課後、Q-Uテスト活用の校内研修を行いました。福岡女学院中学校・高等学校の重枝一郎校長先生を講師にお招きして、Q-Uテストの意義や活用方法、生徒理解や支援について演習を交えながらご講話いただきました。まずは、何より先生の人柄に全職員がひきこまれて研修に参加しました。教育は人なりといいますが、まずは私たち自身が魅力ある教師になれば、生徒に伝える内容にさらにプラスアルファ加わると感じた研修でした。

初任者の先生、道徳の授業頑張りました!

 7月7日(水)に初任者の白水先生、野中先生がそれぞれ1-4、1-5の担任学級で道徳の授業研を行いました。その後の協議会で、福岡教育事務所の古賀指導主事より、助言をいただきました。また8日に同じく初任者の大木先生、浅田先生がそれぞれ2-2,1-2の担任学級で道徳の授業研を行いました。4人とも違う題材、違った内容項目ではありますが、子どもたちに伝えたい想いはひしひしと感じられました。まだまだ各自、課題はありますが、何より担任の頑張りに応えたいと子どもたちが一生懸命挙手して発言していたことが印象的でした。今、感じているこの情熱を何年教師を経験しようとも忘れずに持ち続けて欲しいと思います。授業は子どもと一緒につくるもの。みんなで自分の気持ちを出し合えるそんな道徳を東中で目指していきたいと思います。

クロムブック活用の授業研すすんでいます

 先週1週間の授業研の様子です。国語に社会、理科に技術、さまざまな教科、経験年数の先生方がタブレットを活用して授業を展開してあります。日々、新しい技術を使われていて参観している側も非常に勉強になります。生徒も教員も本当に上達が早くて驚きです。何より、生徒に負けずにタブレットを授業に生かしていこうとする先生方の姿勢に何より感心させられます。個別最適な学びと協働的な学び。対面授業とオンライン授業。様々なハイブリッド化が言われていますが、次世代を担う生徒の育成が1時間1時間の授業から感じられました。

7/2 志 道徳教育講話

 7/2に3年生志道徳教育講座がありました。博多高校の原田美紗先生からキャリア教育の一環として講話をお聞きしました。先生自身の体験を「人生のレシピ」として語られ、生徒も真剣に受け止めていました。3年生もこれから自身の進路を決定していく時期となります。自らの道を切り拓いていきましょう。

7/1 シティズンシップ東雲塾 第5弾

 7/1に東中塾第5回目がありました。1年生は、調べ学習の結果をまとめ、2年生は、部伍別に自治会のもとにインタビュー活動に出る校外学習、3年生はあすか市民塾からゲストティーチャーを招き、議会や選挙の仕組みについて学びました。春日市のひと・もの・ことを活用しながら、着実にシティズンシップを一歩ずつ前に進めています。これからも地域の方々のご協力をよろしくお願いいたします。

6/29(火)未来塾Ⅲ 高校出前授業

6月29日に高校出前授業がありました。

筑紫台、筑陽学園、純真、福岡常葉、九州産業、九州、東福岡、福岡雙葉、精華女子、福岡女学院、つくば開成福岡の11校の私立高校が来ていただきました。

昨年に高校体験ができなかったので、初めて高校の授業を体験した生徒も多いと思います。

来年の姿をイメージしたのか、みんな真剣な態度で先生の授業を聞いていました。

受験生として本格的に動きが出てくると思います。進路選択に役立ったのではと思います。

6/25(金)授業研スタート

 6/25(金)に宮野先生の美術の授業研がありました。今年度はICT活用方法を研究主題にしておりますが、クロムブックのスクールタクト機能を活用して、それぞれの作品を共有してありました。生徒もさまざまな教科でタブレットを活用していく中で、うまく使いこなせていたので驚きです。一人一台のタブレットが授業そのもののやり方を変えていく気がします。個別最適な学びと協働的な学び。ハイブリッドな学びで力を育成していきます。

6/25(金) 学年別 体育行事終了!

 以を前案内していました通り、6月25日(金)に学年別の体育行事を開催しました。感染予防のため、学年別でさらに無観客で実施させていただきました。東魂祭リハーサルを本番さながらに実施しましたが、その中でも競技となった1年はタグラグビー、2,3年は長縄跳びを行い、全学年上位3クラスが表彰されました。1年は、さらにふれあい学級で最終競技として、2年生は来年度の東魂祭に向けて、今後もつながっていきます。

 暑い中、しっかり水分補給を行い、大きな怪我もなく無事に終了できました。生徒の皆さん、本当にお疲れ様でした。この頑張りを次に生かしていきましょう。

6月24日(木)東雲塾第4弾

 6/24(木)東雲塾は、学年別にそれぞれの課題追求の時間となりました。1年は春日市の過去についてのタブレットを活用した調べ学習、2年は部伍別に春日市の現在、自分地域について地域についてインタビューする準備をそして、3年は春日市の未来について、春日市議会の事務局の方をGTに招いて、春日市政についてお話を聞きました。タブレットもしっかり活用しながら、一歩一歩シティズンシップ教育が進んでいると感じます。

筑紫地区 教科等研 英語研究会 開催

 6/24(木)に筑紫地区教科等研英語研の総会、第1回授業研究会が本校いずみホールで開催されました。福岡教育大学の森教授をお招きして、主題に沿ってご講話いただきました。今年度は新学習指導要領の完全実施、新しい教科書 New Horizonへの変更、ペア学習での感染対策やタブレット活用など、どの学校の英語科の先生方も日々新しい変化にとまどいながら奮闘してあります。久々の対面型の研修に充実感を持って帰られた先生方が多かったです。本当にお疲れ様でした。

筑紫地区 授業研究会スタート

 緊急事態宣言も明け、少しずつ研修体制も感染予防に努めながら、集合型研修を実施するようになってきております。6月22日(火)18時半から、筑紫地区の若年教員向けの授業研究会についても集合型で、本校いずみホールで開催されました。例年100名近くの会員がおりますが、今年度は各学校、本当に研修意欲にあふれた先生方2名程度と限定し、全体で40名程度の会員数で開催されました。本校の山﨑校長が筑紫地区校長会会長として、冒頭で来賓挨拶をされましたが、授業研究会の歴史が40年近くになること、現在の校長先生や教頭先生たちもこの会で学ばれてきたこと、そして勤務時間後に研修を行うことの大変さについてお話をされました。研修に参加しているときは、なかなかその意義を理解できずに参加するか欠席するか迷うこともある勤務時間外の自主研修。しかし、数年たったときに自分の成長の糧になったことに気づく日がやってきます。本校からも小田先生、中川先生が研修に参加し取り組んでおりました。若年教員の先生方、大いに研修の機会を得て、各学校の子どもたちに還元して欲しいと思います。

 6月22日(火)2年生 総合的な学習の時間 未来塾Ⅱ(進路学習・上級学校体験)の校外活動を実施しました。

2年生にとって初めての大掛かりな校外活動となりました。例年であれば、2学年生徒が1日かけて高校へ体験入学を行います。本年度は新型コロナウィルス感染拡大防止に努め、体験を半日に縮小して行いました。1校あたりの参加人数をしぼり、各高校での体験授業や実習でも感染症対策をとっていただきました。無事に笑顔で体験から戻ってきた2年生の姿に成長とたくましさを感じました。3年生は先日、6月の学力診断テストを受けたばかりです。2年生も1年後の自分の姿を重ね、自分の進路を考えながら、今回の体験学習に臨みました。

 今回の体験高校は 武蔵台高校、筑紫台高校、九州産業高校、福岡女学院高校、純真高校、福岡第一高校、博多高校、東福岡高校、九州高校、福岡城東高校の10校です。

 今後は体験をレポートにまとめ、学校ごとに代表者が発表します。レポートを掲示し、2年生で情報を交流する予定です。また、それに先駆けて、1年生にも高校紹介としてレポートを見てもらう計画をたてています。

 今回の高校体験を3年生で本格的に行う高校体験やオープンキャンパスに活かし、進路選択につないでいきたいと思います。

教師版東中塾OJT スタート

 教師版東中塾OJTも3年目。コロナ禍において外部の研修が次々と延期や中止となる中で、校内OJTが若年教員を育てる上で、非常に意義深いものとなっています。今年度の第1クールでは、喫緊の課題であるタブレット研修や採点システム研修においてベテラン、若手が一緒になり、ミドルリーダーからの研修を受けております。最初の全体研修では山﨑校長から、始球式として研究と修養が研修であり、一生涯、教員は研修を続けていかなければならないというお話をいただきました。教師自身が学ぶ大切さ、楽しさを体感しながら、この研修を子どもたちに還元していけるように頑張りたいと思います。

福岡県教育センター花田先生 来校

 6月17日(木)に福岡県教育センターの長期派遣研修に行かれている花田先生が社会科の生徒実態調査で来られました。2-1の授業でタブレットを活用しながら、調査に臨まれました。生徒はQRコードを読み取りながら、タブレットを駆使して、質問に答えることができていました。7月には、授業をするためにまた来校されます。研究の成果を生徒の学びに還元していけるように頑張ってほしいと思います。

東雲塾(しののめ じゅく)第3弾

 6月17日5限目に東雲塾第3弾は、学年別で課題追求の授業となりました。1年生はタブレットを用いての調べ学習、2年は地域コーディネーターの三谷さんをGTとして生田先生がインタビューした録画内容を視聴しました。3年生は、地方自治についてあすか市民塾からGTを招いて講話をしていただきました。それぞれの課題が明確になってきた1時間になったと思います。

一斉部伍会 実施6月17日⑥

 6月17日木曜日に一斉部伍会を実施しました。部伍長が司会をしながら、6月から夏休みまでの地域行事の参加体制を確認しました。感染予防のため、いくつかの地域行事の有無が確定しておりませんが、少しずつ元の生活が戻りつつあります。地域行事に参加するだけでなく、参画する意識をもって臨みたいですね。

3年生 修学旅行に向けて

 校内を見て回っていると、3年生のフロアに修学旅行の掲示がありました。昨年度2月実施予定の京都・奈良から、6月実施予定の鹿児島・熊本から、1泊2日の8月の鹿児島・熊本の修学旅行予定の3度目の計画。延期しながらもなんとか、みんなを修学旅行に連れて行ってあげたいという先生方の熱い想いが込められた掲示物。学年で「この夏、最高の思い出をつくろう!」をぜひ実現し、その後、進路実現に向けて、頑張っていきたいですね。

山﨑校長先生の道徳示範授業

 6月15日(火)の3限目、2-2で山﨑校長が初任者の先生方に向けて、道徳の示範授業を行いました。「本当の友情は?」というテーマについて、教科書の枠にとらわれない、議論型のスタイルでどんどん生徒が自分の意見を出し合っていました。ともすれば、道徳というと、資料で取り扱われる内容の主人公の気持ちを読み取ったりすることに終始し、生徒もこういう意見が求められているのだろうと模範解答を言いがちで、本音が見えないことがよくあります。山﨑校長がそうした壁をとっぱらって、本音を語る姿に生徒たちも、自身の心の本音の部分を語り合うところにまで達することができました。まさしく議論し合う道徳が体現できていました。4人の初任者の先生も、今すぐ同じような道徳はできないかもしれませんが、目指すべき方向は見えたと思います。いつの日か生徒とともに校長の授業を超える道徳の授業を創れることを願っています。

東雲塾(しののめ じゅく)第2弾!

 6月10日(木)の6限目、東雲塾の2回目が実施されました。1,2年は、春日市教育委員会、文化財課の中村様にお越しいただき春日市の歴史についてお話をしていただきました。3年は山﨑校長が講師となって、3年生がこれから目標としている春日市政への提言について、オリエンテーションを受けました。春日市のひと・もの・ことを活用したシティズンシップ教育が一歩一歩進んでいるところです。

東中ブロック三部会 第1回を実施しました

 6月10日(木)の放課後、東中ブロック三部会の第1回を東中で実施しました。1回目ということで各校長先生方にもご参加いただき、今後の小中連携を確認いたしました。その後、学力部会、体力部会、仲間づくり部会に分かれて各学校の担当者と主幹が入り、今後の取り組み内容の確認をしました。この部会も早10年目、コロナ禍の中、ICT活用やオンライン授業、感染対策など、さまざまな変化が起きていますが、なかなか対応できていない現状があります。今年度は、次年度に向けての改革も話し合いながら、すすめていきたいと考えています。

Happy Monday  ようこそ校長室訪問

 6月7日(月)、本日はHappy Mondayの取り組みを行いました。生徒たちが元気に月曜日に登校できることを目指して昨年度から取り組んでいるハッピーマンデープロジェクト。今年度は、昼休み昼休みに班単位で校長室訪問を実施しています。今日は1の3の1~3班が校長室を訪問し、山﨑校長と交流しました。みんな中学校の給食や部活のこと、担任の先生のこと、そして将来の夢など、実にさまざまな話をしてくれていました。困ったことがあったら、いつでも校長室においでと言われて、安心して帰っていきました。1年生が中学生らしく成長している姿が感じられて実に喜ばしく思いました。また、来週の月曜日も楽しみです。

タブレット活用の全研 西尾研究主任  お疲れさまでした!

 6月3日(木)にタブレット活用の全研を行いました。西尾研究主任が2-3数学の文字式の単元で、タブレット活用をされました。一人一台のタブレット。生徒たちがタブレットを活用することによってどんな学びが可能になるのか、今年度の春日東中の研究主題にもなってきます。この提案授業を受けて、各教科で先生方がタブレットを活用していきます。授業後の協議会でも、熱い協議がくり広げられました。感染拡大防止のための出席停止の際のオンライン授業も定着化してきています。対面授業とオンライン授業のハイブリッド型。さまざまな学びの方法があります。一人一人の学びにあった個別最適な学び。タブレットがツールとしてきっと活躍していくことと思います。生徒とともに教師も新たな学びに向けて、頑張っています。

東雲(しののめ)塾が始まりました!

 6月26日(水)5時間目、総合的な学習の時間「東雲塾」が全校一斉にスタートしました。これは、本校が今年度始動しだしたシティズンシップ教育の根幹になる授業となります。まず山﨑校長先生から、シティズンシップとは?というお話を東雲ノートを活用しながら、話してもらいました。そのあと、講座の名付け親でもある生田先生から、1年生では「春日市の過去」を2年生では、「春日市の現在」に着目しながら、学習するオリエンテーションの話がありました。次にシティズンシッププロジェクト委員長でもある百本先生から、3年生は「春日市の未来」に着目し、「春日市政への提言」を目標に取り組む話がありました。後半は、ウェビングの手法を活用しながら、春日市の知っていることをたくさん出し合うことができました。地域貢献から地域参画へ。春日東中から10年後の春日市を創っていける可能性を感じることができました。

避難訓練を行いました!

5月20日(木)に避難訓練についての学習を行いました。本来ならば、地震や火災を想定して実際に避難を行う予定でしたが、コロナウイルス感染に伴う影響で座学での学習へ変更になりました。避難をする場合の注意事項や経路などを確認し、クイズを交えながらの地震や火災に関する防災方法を学びました。

東魂祭リハーサルを行いました!

5月11日(火)に、東魂祭リハーサルを行いました。校長先生から、「このリハーサルを本番と思って、みんな全力で頑張ろう!」という言葉をもらい、子どもたちはいきいきとした姿で活動していました。練習時間は限られていたものの、できることを最大限頑張ろうとしていました。また、競技をがんばるだけでなく、ブロックリーダーの指揮、種目責任者の計画、係生徒の準備、応援席での仲間を励ます応援・・・など、リハーサルの成功には様々な人の努力があったことを忘れず、これからの学校生活を送ってほしいと思います。

体育会実施についての文書を子どもたち通じて配布しておりますので、ご確認ください。本校では現在、保護者参観可能な体育的行事を6月25日(金)午前に計画する予定です。

東魂祭練習が始まりました!

4月30日(金),いよいよ春日東中学校体育会「東魂祭」へ向けて全体でスタートしました。昨年度は全校生徒が一同に会することはありませんでした。本日は,青空の下,全校生徒がグラウンドに集まった様子は圧巻でした。既に,各クラスでブロックリーダーは選出され,種目決め,種目責任者決めが進み,今日の結団式に至りました。3年生・ 生徒会役員を中心とした実行委員会やブロックリーダーは,限られた時間の中で,「東魂祭」の経験のない1・2年生をいかに指導していくか準備をしてきました。

 今年の「東魂祭」のスローガンは「心友~団結・自信・挑戦~」です。実行委員長の安部喜翔さんからは「安心・安全」を最優先にした「東魂祭」をめざそうという話がありました。最新の注意を払って,全校生徒が一丸となって,お互いの心に響き合う「東魂祭」をつくりあげていきましょう。

3年生進路学習

4/21(水)、本来ならば授業参観で保護者の方々にも参観していただく学活でした。

3年生に高校を選択するとき、どのような条件を重視するのか。それぞれの条件を自分なりにダイヤモンドランキング方式で選びました。班の人たちやクラス全体で意見交流を行い、それぞれの考え方のちがいを実感しました。これからの進路選択、進路実現に向けて頑張りましょう。

東魂祭へ向けて動き始めました

東魂祭へ向けて、3年生のブロックリーダーが決定し、リーダー会が始まりました。コロナ禍の中で、実現可能な「新しい東魂祭」を目指して、これからがんばっていきます!ブロックの組み合わせやブロックカラーについては、後日発表があります。

第62回入学式が行われました

本日、晴天に恵まれた中、春日東中学校に198名の一年生が入学しました。

一年生は全員出席し、新しい校舎、新しい先生、新しい仲間との出会いを果たしています。

来週月曜日から、3学年全員がそろって、新しい春日東中学校が始動します。

3年生学年集会・入学式準備

令和3年度の3年生の活動が始まりました。

4/8(木)は、学年集会・学級開き・入学式準備を行いました。3年生は学年スローガン「夢を紡ぐ~共に関わりあって~」のもと、授業や学校行事、仲間とのコミュニケーションなどを学年一丸となって頑張っていきます。その第一弾として、入学式準備を行いました。自分から仕事を積極的に見つける、自分たちで考えて指示を出す、それに応えててきぱきと動く・・・などの姿は、3年生としての自覚の表れではなかったかと思います。これからの3年生の活躍にご期待ください!!

令和3年度 離任式・赴任式・始業式

 令和3年度がスタートしました。今年度は、コロナ感染予防から、すべてTV放送で離任式・赴任式・始業式を行いました。離任式は離任された先生方のビデオメッセージを見て、お別れをし、赴任式ではライブ映像で、先生方のあいさつを受けました。始業式では、山﨑校長と大仁田生徒会長からHappy Mondayへの取り組みについてお話があり、3-1松本さん作の東中ゆるキャラ「フククル」の紹介もありました。お世話になった先生との別れとともに、新しい先生との出会いがありました。一期一会、人との出会いを大切に東中がさらなる前進していける予感がします。原点回帰~日本一、優しい学校を目指して~失敗を恐れず、夢追人たれ。新生東中に引き続き、ご支援ご協力よろしくお願いいたします。

離任された先生方  主幹教諭 永野猛人 先生(春日北中へ)主幹教諭 大村真弘 先生(大野中へ)

江藤信子 先生(筑紫野南中へ) 松尾恵美 先生(大野中へ) 村岡 亮示 先生(二日市中へ)

高丘麻衣子 先生(学業院中へ) 木谷 有花 先生(春日野中へ) 花田 慎一 先生(県教育センターへ)

※これまで、東中のために尽力くださり、ありがとうございました。

赴任された先生方 主幹教諭 三宅 健児 先生(春日西中から) 岡山 美智子 先生(学業院中から)

真子 輝 先生(筑紫野中から) 秋山美樹 先生(春日中から) 白水利幸 先生(新規採用)

大木 優汰 先生(新規採用) 野中美穂 先生(新規採用) 浅田裕佳 先生(新規採用) 牛島 嘉孝 先生(筑陽学園から) ※これから、東中をともに創りましょう!

 

      

 

令和2年度 春日東中学校 修了式

 3月24日、令和2年度修了式がありました。1年代表 1-2 中島 嬉乃さん、2年代表 2-1 青木 俊也 君が校長から修了証書を受け取りました。そして山﨑校長は、夢を追うことの大切さ、優しさを持つことの大切さ、自分の命を大事にする大切さの3点を全校生徒にお話されました。そのあと、生徒指導主事から春休みや部活についての話、大仁田生徒会長をはじめ、各専門委員長からお話がありました。本当にみなさん1年間よく頑張り、コロナ禍においてもさまざまな成長が見られました。地域や保護者の皆様、無事に令和2年度が修了いたしました。コミュニティスクールとして、さまざまな場面で支えてもらっていたことを心より感謝いたします。どうぞ次年度も引き続きご支援ご協力よろしくお願いいたします。

年度末 表彰式の様子

 令和2年度最後の表彰がありましたのでお知らせします。左側は、表彰を受けた生徒達です。

○女子テニス部(第2回春日やよいの里中学生ソフトテ ニス大会)3位 代表 2-3 前田 碧さん

○国語科 第64回全国学芸サイエンスコンクール

 学校奨励賞 代表 2-6 二木 香穂子 さん

○家庭科 令和2年度 福岡県学校給食レシピコンクール 優秀賞 2-4 片岡 愛結 さん

○第10回青春レシピコンテスト ベストスマイル部門特別賞 代表 2-2 松本 桃花さん

○第24回 全国図書館を使った調べる学習コンクール

佳作 1-6 森 祥太君

皆さんよく頑張りました!おめでとうございます。

 

2学年進路学習

3/22に進路学習をおこないました。学年を2つに分けて、九州産業高等学校の大辻洋二先生、そして霧島悠司先生の2名の方による「進路選択と高校生になるために」と題した講話をしていただきました。高校選びの視点や卒業後の進路先まで丁寧に話して頂きました。生徒たちも話を聞いているうちに、表情が徐々に引き締まっていくのが分かりました。これからの1年間を有意義なものにして、ぜひ希望進路の達成をしてもらいたいです。講師の先生方相賀等ございました。

 

2学年道徳 命の授業

3月18日(木)1限目 2学年で「命の道徳」を行いました。福岡徳洲会病院の助産師、看護師の2名をお招きして「命のはじまり~大人になる君たちへ」と題して講話していただきました。命の始まりから、母体の中で胎児がどのように育っていき、そして生まれて来たのかを出産の動画を流しながら説明して下さいました。出産後も自分が両親に大事にされてここまで大きく育ってきたことを知るよい機会でした。命の始まり前の段階、男女の性の違い、避妊についても詳しく説明してくださいました。講師の先生方、ありがとうございました。

第60回卒業証書授与式

3月12日(金)卒業証書授与式が挙行され、総勢212名の生徒が門出の日を迎えました。担任の先生達の呼名にマスク越しではありますが、大きな声で返事をし堂々とした態度で証書を受け取っていました。代表生徒が答辞では。入学式の日から今日までのことを振り返り、素直な気持ちが綴られた心にしみる答辞でした。春日市教育委員会祝辞は、コロナ感染防止対策により、紙面並び代読での披露となりました。最後の学活では、担任からの熱い語りかけに対し生徒も応え、心温まる素晴らしい時間を過ごしました。卒業生の今後の活躍を期待してます。

 また卒業生の保護者に置かれましては、今日のお子様の晴れ姿をご覧になられて、これまでのご苦労も忘れ、思いひとしおのものがあるとお察しいたします。また、これまでの本校へのご支援とご協力に対し、厚く御礼申し上げます。

2学年クラスマッチ

3月10日(水)2学年でクラスマッチが行われ、男子はサッカー、女子はバスケットボールをしました。どのクラスも白熱した戦いで見応えありました。結果は男女ともに3組が優勝しました。最後はクラス毎に記念写真を撮り、いい思い出ができたと思います。

2学年上級学校調べの発表

3月4日(水)1校時目に進路学習を行いました。事前に班ごとに高校の進路に関すること、例えば私立と公立の違い、入試に関する情報、高校卒業後の進路先などのテーマから一つを決めて調べ学習を行ってきました。そして本日、模造紙にまとめた資料をもとに発表を行いました。質疑応答などの時間もあり、皆真剣にプレゼンを聞いていました。来年度は受験生です。自分に合った高校を見つけるよい機会になったかと思います。

2月25日(木)1学年職業人講話

1年生の進路学習(未来塾Ⅰ)として、様々な業種で働く方々に「職業人講話」をしていただきました。かつては、生徒たちが事業所での就労体験を通して、働くことの意義や働く人々の思いややりがいについて考えていました。このコロナ禍の中、それにかわる学びの機会として、今回の講話による学習を設定しました。2年生でもご来校いただいた講師の方をお招きし、仕事の楽しさ、大変さ、なぜこの仕事を選んだのか、中学生として今やるべきこと等々についてお話いただきました。生徒たちは、これまで、「身近な人への職業インタビュー」、パスカードで「自分を知る・自分の適性について考える」、「職業調べ」「生きていく上での仕事とそのやりがい(道徳)」、「マナー講座」と進路学習を積み上げてきました。緊張した中にも、来てくださった講師の方への感謝を抱きながら一生懸命講話を聴くことができました。自分の進路を考える新たな一歩となった一日でした。講師の先生方、本当にありがとうございました。

2月24日(水)2学年集団行動

5・6校時に2学年集団行動を行いました。本来でしたら本日から3日間京都に修学旅行に行く予定でした。しかしコロナ禍の影響で修学旅行が延期となり、この企画を計画しました。集団行動の内容はラジオ体操、ドッジボール&大縄跳び大会を行いました。生徒たちにとっても息抜きができたのではないでしょうか。笑顔で楽しんでいました。来年度は最上級生となり東魂際や他の行事においても学校を引っ張っていく存在になります。活躍を期待してます。

教師版東中塾OJT 今年度ラスト!

 2/22に今年度最後の教師版東中塾のOJTを終えました。第3クールまで各7コース構成で、ミドルリーダーの先生が若年教員に基礎講座を開講してもらいました。先輩の先生が同じような場面で悩んだりつまずいたりしたことが若手の先生方もわかり、参考になったのではないでしょうか。来年度からは失敗学も始まります。失敗から成功につなげる道筋がここにも見えてきたような気がします。

図書館を使った調べる学習コンクール表彰式 in 校長室

 1-6の森 祥太君が春日市の「図書館を使った調べる学習コンクール」で教育長賞を受賞し、全国大会に出品されました。作品は「僕は火星で暮らしたい」という内容のレポートで、全国63,538点の中から、見事「佳作」を受賞しました。2/18の昼休み、校長室で山﨑校長から賞状授与と記念撮影を行いました。全校生徒の皆さんには、修了式の日の表彰式であらためて紹介する予定です。本当に素晴らしい研究レポートです。おめでとうございます。

初任研終了に向けた校長講話

 2月17日、初任研の閉講式に関わる校長講話がありました。本来であれば、全体の初任閉講式が予定されていましたが、コロナ禍の中、中止となりました。春日市教育委員会からの授業訪問が最後に予定されておりますが、その前に校長先生から講話がありました。今年度は臨時休校に始まり、多くの研修が中止になり、とまどうことも多かったと思います。しかし、多くの先輩の先生から支えられ、随分成長されたように感じます。そして生徒たちへの想いや責任感がさらにひとまわり先生方をたくましくしてくれました。これからも先生方の活躍に期待しています。

コミュニティ協議会 今年度ラスト

 2/15に今年度最後のコミュニティ協議会を行いました。例年ですと立志式に参加してもらってから、行っておりますが今年度はコロナ禍のため、残念ながら式の案内は見送ることとなりました。協議会では2人の主幹より、学校関係者評価委員会の結果報告や学校運営協議会推進大会の参加報告を行い、多くの質問や意見をいただきました。来年度は、シティズンシップ構想のもと、CSについても改革をしてまいります。1年間、学校を支えていただき、どうもありがとうございました。そして、来年度もどうぞ、ご支援ご協力よろしくお願いいたします。

2年 立志式

2月15日(月)5・6時間目に2年生は立志式を行いました。感染リスクを防止するため、会議室からTV放送で式を進行していきました。前半は、事前に生徒たちから回収した幼少期の写真をスライドで流しました。誰の写真なのか推測しながら生徒たちは写真を見入ってました。その後は、各クラスから1名選ばれた生徒の発表、さらに、ちくし台自治会長安久信之介様、ならびにPTCA副会長平田良一様からの生徒に向けたお祝いメッセージをいただきました。生徒の発表では、将来の夢や今後の生き方等、自分の想いを熱心に話していました。後半は、日本子どもみらい支援機構代表の武藤杜夫様に沖縄県からおいでいただきました。「私が一番受けたい少年院の授業」という演題で、非行少年の更生にむけた取り組みを自身の経験を交えながら講話されました。中学2年生にはこれから様々なことにチャレンジし、立派な大人へと成長していってくれることを期待しています。

 

3年 入試事前指導

 2/4の5限目に私立前期入試指導がありました。例年なら、校長先生はじめ多くの先生から激励の言葉や全体注意を行うところですが、できるだけ感染リスクを防止するために受験学校ごとの諸注意で手短に終わらせて下校するようにしました。山﨑校長からは、お昼の放送で、2年の大仁田生徒会長とともに3年生への激励メッセージ、入試でうまくいくポイントを楽しくお話してもらい、受験生への緊張を和らげてもらいました。今日2/5は入試本番ですが、朝、学校に着いて校門を開けていると6時半頃、3年生の男子生徒がすでに受験のために駅に向かって行っていました。「頑張ってきてね。」と声をかけると、笑顔で「はい。ありがとうございます。」と言ってくれました。東中の受験生が全員、成果をだしきり、合格を手にすることを心から応援しています。頑張れ!春日東中3年生!

2年生 看護出前講座

 2/4の道徳授業で、2年生は看護出前講座を行いました。以前、2年生で実施した「社会人出前講座」で講師としてお話していただいた福岡德洲会病院の樋渡行雄様に再び来校いただきました。TV放送ですが、保健美化委員を代表に第一会議室からライブ配信で各教室に流しました。まず最初に前回、社会人講話を受講した生徒からもらったメッセージカードに非常に感銘を受けてあり、持参してお礼を言っていただきました。そのあと命の大切さ、さらには10日後に控えている立志式に向けて貴重なお話をしていただきました。講師の先生の人柄があふれた優しくも力強い講話でした。このような大変な時期に来校していただいた樋渡様には、心から感謝いたします。

Happy Mondayに向けたコラボDJ

 生徒が元気に月曜日を迎える取組、Happy Monday。山﨑校長先生と大仁田生徒会長が金曜日のお昼の放送で呼びかけるのが定例になってきました。毎回二人で楽しい放送を繰り広げる中から、月曜日に生徒が元気に登校して欲しいという熱い想いが伝わってきました。来週は、早くも2月。春もすぐそこまで来ています。来週もみんなで元気にHappy Mondayを迎えましょう!

初任研授業 学活授業③

 1月28日(木)に生田先生の学活の初任研授業がありました。課題解決をするために班ごとにクラスで取り組むプロジェクトを話し合いました。生徒の和やかな雰囲気を見ると、普段から温かいクラスなんだろうなーと感じさせられました。これで、初任研の研究授業は全て終了です。これからは、残り2ヶ月さらにいいクラスになれるように教員と生徒が一緒に取り組んで欲しいと思います。

教職大学院TA実習総括ディスカッション

 1/27日(水)本校に教職大学院のTA実習で来てもらっている大木先生の総括ディスカッションがありました。教職大学院の主税教授、学校長、指導教諭の前で、1年間の活動のまとめを発表していました。大木先生は昨年度から実習で本校に継続して来られており、来年度から新規採用となられております。本校での学びが来年度の活躍につながることを期待しています。

初任研 学活授業②

 1/26に永吉先生の学活の初任研授業がありました。生徒達が学級の課題を解決するための方策を班で考える内容でした。クラスの仲がもっと深まるようにとお互いの意見を出し合う生徒の姿を見ると、先生の思いが伝わっているなーと思いました。コロナ禍で、ソーシャルディスタンスの時代ですが、だからこそ、お互いの心の距離を縮めて3月に学級が終われたらいいですね。2-4で決めたプロジェクトをぜひ実現していけるように頑張って欲しいと思います。

令和3年度入学向け新入生説明会

 1月20日(水)来年度向け新入生説明会を無事に終えました。感染症拡大防止のため、会場を二つに分け、説明会や講演会は行わず、資料受け取りと制服等の採寸を行いました。児童達は、小学校の先生引率のもと学校に到着し、保護者の方と合流しました。中学校体験で覚えてくれていた児童が声をかけてくれて話をすると、来年度の入学が楽しみになってきました。4月には、感染状況が落ち着いて、桜が咲く中に、制服を着た新1年生が元気に入学できることを心から願っています。